一般社団法人 日本義肢装具士協会

義肢装具士とは

義肢装具士とは

義肢装具士とは
医学知識や製作技術だけでなく豊かな人間性が求められます

義肢装具士は法律上、「医師の指示の下に、義肢及び装具の装着部位の採型並びに義肢及び装具の製作及び身体への適合を行うことを業とする者」と定められています。


医師の処方に従い患者さんの採型や採寸を行い、これを元に義肢装具を製作して、病院などで適合を行います。


職人仕事のイメージが強い職業ですが、医療チームの一員として患者様を支えていくためには、コミュニケーション能力も大切な要素です。本人の身体状況だけでなく、生活様式や外観の好み、経済状況、価値観など様々な要素を考慮しながら、最も適した義肢装具を提案していく必要があるので、医学知識や製作技術だけでなく、豊かな人間性が求められます。


なお、義肢装具士は国家資格ですので、義肢装具士になるためには国家試験に合格する必要があります。


義肢装具士のしごと

義肢装具士のしごと

義肢装具士の英語表記はProsthetist and Orthotistで、POと略します。海外では義肢の専門家をProsthetist、装具の専門家をOrthotistと呼び、個別の資格としている国がありますが、日本では1つの資格です。


多くの義肢装具士は、民間企業である義肢装具製作事業所に所属しています。事業所と提携している病院・リハビリテーション施設では、他のメディカルスタッフとの連携し、チーム医療を実践しています。


義肢装具士は、モノづくりのプロフェッショナルという側面があります。患者様の身体をギプス等で型をとり、その型をもとに義肢装具を製作します。金属、プラスチック、皮革、繊維材料など多種多様な材料を、多様な機械や工具を使用して加工する技術が要求されます。患者様が快適に過ごせるよう装着具合を確認し、合っていなければ原因を突き止め、調整を繰り返し、最終的に適合した義肢装具を提供します。


義肢装具士の活躍の場は、障害を持つ人のスポーツやレクリエーションのサポート、途上国などの国際支援活動など、多岐にわたります。


義肢装具士は、義肢装具を必要とする方々のQOL(quality of life)をサポートする専門職として、日々活躍しています。


義肢装具士になるには

義足のための採型(かたどり)

義肢装具士は国家資格です。「義肢装具士法」に規定されています。最も一般的な方法をご説明します。


義肢装具士の養成校に入学し規定の単位を修め、卒業すると"義肢装具士国家試験の受験資格"が得られますので、この試験に合格すれば義肢装具士になることができます。養成校への入学、年限、学費等に関しましては、各養成校へお問い合わせください(養成校はリンクページにございます)。


この他に"義肢装具士に相当する海外の資格を持つ人に、受験資格を与える"という規定もございますが、一般的ではございません。その国の義肢装具士の教育レベルが日本より低い場合や、"製作技術者(テクニシャン)"の資格の場合は、受験資格が得られないことがありますので、詳細につきましては直接、厚生労働省(医政局医事課試験免許室)にお問い合わせください。